成形・加工
Home » 成形・加工 » 炭素繊維部品

炭素繊維強化プラスチック複合材(CFRP)の成形・加工

 

フドーCFRP

要求性能に適した炭素繊維を選定し、30年以上にわたる炭素繊維強化プラスチック複合材(CFRP)に関する成形・加工技術の蓄積を駆使して高品位の複合材製品を供給しております。

CFRP(炭素繊維強化プラスチック)とは

CFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastic)とは炭素繊維で強化したマトリックス樹脂との複合材料の総称です。軽量、高強度などの特長により航空宇宙分野から一般産業部品、スポーツ製品までその活躍の場はますます広がっております。

CFRPの特徴

1. 機械的強度に優れ、軽量、高強度、振動減衰性に優れます。

  比重 引張弾性率(GPa)
炭素繊維 1.9 35~800
アルミ 2.7 71
7.9 220

※炭素繊維の弾性率は汎用ピッチ系~PAN系~高弾性ピッチ系と低~高弾性までありますので、CFRPは剛性設計の自由度が高く任意の剛性設計が可能です。

 

2. 線膨張係数が少なく、寸法安定性に優れます。

3. 電気・熱伝導性に優れます。

4. Ⅹ線透過性・電磁波遮断性・生体親和性に優れます。

フドー(株)CFRP製品事例

炭素繊維 形態 樹脂 用途、製品 要求特性
ピッチ系
(高弾性)
UD エポキシ 搬送用ロボットハンド 高弾性、振動減衰性 軽量
検査用定盤 線膨張係数 軽量
PAN系
(高強度)
研磨用治具 強度 耐磨耗性
クロス X線カセット板 X線透過性 強度
フェノール C/C複合材用 炭素化収率
チョップドファイバー 各種・工業部材 強度 軽量
汎用ピッチ系 クロス ウェアリング 摩擦・磨耗特性
ポンプ用ベーン 摩擦・磨耗特性 耐薬品性
ミルドファイバー メカニカル・シール 摩擦・磨耗特性 食品衛生 耐薬品性
各種軸受 摩擦・磨耗特性 食品衛生 耐薬品性

 

 

連絡先
営業本部/構造材営業グループ
場所:平塚   連絡先:TEL0463-23-7001 FAX0463-23-6009

 

 

 

  | HOME | 会社案内 | 製品 | 成形・加工 | 成形関連販売 | 環境・品質 | What's new | 採用情報 | 研究開発 | お問い合せ | sitemap |